矯正治療の流れ 

混合歯列期(子供の歯がある状態)の矯正治療

①初診
②検査(2回)、ブラッシング指導
③診断
④矯正装置の装着
⑤混合歯列期の治療
⑥歯の交換と成長の経過観察
⑦再診断
⑧永久歯列期の矯正治療
⑨矯正装置の除去、保定

永久歯列期(大人の歯が生えそろった状態、おおよそ12歳くらいから)の矯正治療

①初診
②検査(2回)、ブラッシング指導
③診断
④矯正装置の装着
⑤永久歯列期の治療
⑥矯正装置の除去、保定

手術を伴う矯正治療

①初診
②検査(2回)、ブラッシング指導
③診断
④矯正装置の装着
⑤手術前矯正
⑥外科手術
⑦手術後矯正
⑧矯正装置の除去、保定
 

矯正治療の流れの詳細

初診(初めてのご相談)

お口の中を拝見し、不正咬合の状態や、矯正治療の方法、治療期間、おおよその費用などのお話をします。

検査

診断・治療のために必要な資料をとります。
検査は2回に分け、レントゲン写真・お口の写真・歯型・歯磨き状況などの資料をとります。

ブラッシング指導

カラーテスター(染め出し)をして、装置が付いても歯磨きができるよう、正しい歯磨き方法を指導します。  

診断

検査の資料を元に、今後の治療方針、治療期間、費用、歯磨き状況などを詳しく説明します。

矯正装置の装着

装置の種類により異なりますが、2~3回の来院に分けて装着していきます。

治療開始

原則として月1回の割合で、定期的に治療を進めます。
治療の前には毎回歯垢を染め出し、歯磨きの状態を確認します。

保定

治療後の歯並びを安定させるために、取り外しの安定装置(リテーナー)を使います。
咬み合わせが安定するよう定期的に確認します。

矯正治療中の歯磨きについて

矯正治療中の歯磨きはとても大切です。
矯正装置が付くと、特に矯正装置の周囲の歯磨きがしにくくなります。
丁寧に磨かなければ矯正装置の周りから虫歯になってしまいます。
当院では、装置が付く前から毎回カラーテスター(染め出し)をして、その都度、正しく汚れを落とせるように指導しています。
普通の歯ブラシから、矯正用歯ブラシなど、それぞれの患者様に合った歯ブラシを提案してお話しています。
また、各種のフッ素剤も扱っており、小学生・中学生の患者様には治療後にフッ素洗口剤で洗口していただいております。
歯ブラシでは落とせない汚れがあるときは、機械的に清掃、クリーニングしています。



患者さんがリラックスし、安心して治療が受けられるようスタッフ一同努力いたします。
そして、患者さんの笑顔が得られるような診療をめざします。